ふれあいステーション

ふれあいステーション

 大阪交通労働組合では、市民・お客様に私たちの交通政策を広くPRするために、政策リーフレット「ふれあいステーション」を1980年9月から発行しています。発行にあたっては、大交の協力団体である大阪公共交通研究所が中心となって編集し、配布については、決められた日に組合員が直接、市民・お客様に地下鉄主要駅などで行っています。
 今では、私たちの政策活動の他に、ボランティア活動の紹介やお客様からいただいたご意見に対する私たちの考え方などを掲載し、双方向の情報ツールとしての一翼も担っています。

大阪公共交通研究所

最新号 No.81「新しい朝を迎える」
市営交通は来年4月、株式会社に生まれ変わります。地下鉄・ニュートラム・バスは、新しい経営形態のもと安全とサービスに一層磨きをかけて、市民の足として今日も明日も走り続けます。今号は、各職場の始業の姿をお見せします。安全の確保・執務の厳正・規定の順守を心に刻み、仕事の引き継ぎや互い同士の点検を行うようすをご紹介します。

バックナンバー

  • No.80 新しい力、輸送の現場に
    No.80新しい力、輸送の現場に
    PDF
  • No.79 地下鉄・ニュートラム・バスの“保安”
    No.79地下鉄・ニュートラム・バスの“保安”
    PDF
  • No.78 新しいステージに向かう 地下鉄・バスのプロとして
    No.78新しいステージに向かう 地下鉄・バスのプロとして
    PDF
  • No.77 “現場力”で取り組むサービス改革
    No.77“現場力”で取り組むサービス改革
    PDF