労働組合活動

労働組合活動

春季生活闘争

  • 春季生活闘争

 春季生活闘争では、連合大阪・自治労大阪府本部の一員として、すべての労働者の「底上げ・底支え」「格差是正」でクラシノソコアゲ実現をめざす活動を進めています。

 2019年春闘について連合は「今こそブレイクスルー!すべての労働者の処遇改善と働き方の見直し!」をスローガンに掲げ、月例賃金にこだわり、自らのめざす「賃金水準」の獲得に向けて取り組みを進める方針を決定しました。大阪においては、連合大阪春季生活闘争総決起集会が3月6日に扇町公園で実施され、冷たい雨が降る中、約7000人が参加し、この方針のもと団結して闘うことを誓いました。大交からは、この春闘総決起集会に約300人が参加しました。